マリッシュ デートにこぎつける為のメッセージ交換 6つのポイント

前の記事でマリッシュでいいねの返事をもらう為の方法を紹介しました。

せっかく返事をもらってマッチングが成立しても、そのあと何度かのメッセージ交換で終わってしまっては意味がありません。

興味を持ってくれた相手と無事にデートにこぎつけるには、何が必要なのでしょうか?

そこで、アラフィフ女性の私が感じたマッチング後デートにこぎつけるためのメッセージ交換の6つのポイントを紹介します。

コレは書いちゃだめ✖なNG事例も紹介しますので、自分が同じことをして相手に嫌われないためにも是非参考にして下さい。

【6つのポイント】

①最初のメッセージはなぜその人を選んだかをしっかり伝える
②返事がしやすいように質問で終わらせる
③メッセージは長くても5行くらいで(長文にならないようにする)
④自分語り(自慢話)はほどほどに
⑤相手のライフスタイルに合わせた時間で連絡をする
⑥誤字、脱字に気を付ける

 

デートまでこぎつける為のメッセージ交換6つのポイント

マッチングしてからデートまでいける確率ってどのくらいだと思いますか??

だいたい1割くらいと言われています(with online参照)

デートまでこぎつける1割になるための6つのポイントを記事にしました。

①最初のメッセージはなぜその人を選んだかをしっかり伝える

まずはお礼とあいさつをして、そのあとになぜあなたにいいねをしたのかということをしっかり伝えてください

良い例
○○さん、はじめまして、△△と申します。マッチングありがとうございます。

写真の素敵な笑顔に惹かれて「いいね」させて頂きました。

趣味が食べ歩きというのも一緒で、楽しくお話できそうかなと思っています。

よろしくお願いします。

悪い例
こんにちは。僕は札幌住みですが○○さんはどこですか?

実はこのパターンとっても多いです。

いきなり住んでいるところを聞いてくる人・・H系の出会いサイトだと、すぐに会いたかったりするのでしょうから、このパターンもありなのかも?しれませんが、婚活では間違いなく相手は引いちゃいますよ。

ポイント①
相手に良い印象を持ってもらう為にも、まずはお礼そして「いいね」した理由をしっかり相手に伝える

②返事がしやすいように質問で終わらせる

メッセージの最後は、相手が返信をしやすいように軽い質問で終わらせるのがいいです。

良い例
今はコロナで中々外食に行けないですが、今まではテイクアウトをしていなかったお店が始めたりで家でもお店の味が楽しめるようになってきましたね。どこかおすすめのお店とかありますか?

悪い例
先日A店でテイクアウトしたのですが、行ったことありますか?

これだけだと、はいとかいいえの一言で返事が終わってしまって会話が続きませんよね。

相手と会話のキャッチボールができるような質問にしましょう。

ポイント②
相手と何度もやり取りできるように、メッセージはその後の会話が続くような質問で終わらせる。

③メッセージは長くても5行くらいで(長文にならないようにする)

長文にしない一番の理由は、1回のメッセージで多くを書いてしまうとやり取りの回数が減ってしまうからです。

何度かに分けて書くようにしたほうが、その都度返事も来るので回数が増えますよね。

それと、あまり長いメッセージだと返事をするのにも自分も同じくらい書かなくちゃいけないかなと相手の負担にもなってしまいます。

長くても5行くらいで終わらせたほうがいいでしょう。

ポイント③
相手の負担にならないように1回のメッセージは5行以内でおさめる

④自分語り(自慢話)はほどほどに

これは中高年の人がついついやっちゃいがちなんです。

人生経験が長い分、自分の経歴などを色々語りたくなるのもわかるのですが、自慢話に聞こえてしまう場合もあるので気を付けましょう。

年齢は〇〇才ですが若く見られます。週に数回はジムに行って体を動かしています。

サイクリングも好きで自転車でツーリングもしています。

仕事は管理職で収入も安定しています。持ち家でペットの猫2匹と暮らしています。

若いアピール、金持ちアピール・・うんざりされちゃいますよ。

自分のことはプロフィールでもある程度触れられていると思うので、相手から聞かれるまではメッセージで書くのは控えましょう。

ポイント④
自慢話に聞こえてしまうので、自分のことを語りすぎない(アピールしない)

⑤相手のライフスタイルに合わせた時間で連絡をする

フルタイムで仕事をしている人に、日中メッセージを送っても返信はできません。

相手の人に負担なくメッセージをやり取りするには、相手のライフスタイルに合わせることが大事です。

ただ、例外として昼休みの時間などに「暑いですね、午後の仕事も頑張りましょう」等の返事を必要としないものなら送ってもいいかもです。

ただし、毎日はNGです。あくまでもたま~にです。

夜の時間帯も、まずは「今、時間大丈夫ですか?」の一言から始めるのがベストです。

そして平日の夜などはあまり長くやり取りはせず、早めに切り上げましょう。

相手がもう少し話したいなと感じるくらいがいいです。

最後に「また明日」とひと言添えるのも忘れないでください。

中高年ともなれば、このくらいの気遣いはできて当たり前です。

ポイント⑤
相手に負担なくやり取りするために、相手のライフスタイルを考えて連絡する

⑥誤字、脱字に気を付ける

これも意外と、あるんですよね。

長文のお手紙での誤字ならばまだ見逃せますが、たった数行のメッセージで間違えがあるとちょっとカッコ悪いです。

誤変換なのだろうなと思えるものもありますが、送る前にちょっと確認すればわかりますよね。

それから、小学校低学年でもわかる漢字がひらがなになっているのも「ん?」って思ってしまいます。

たとえば、【考える→かんがえる】 【見る→みる】 【行く→いく】 など…

送信ボタンを押す前に一度メッセージを見返してみて下さいね。

ポイント⑥
数行のメッセージで間違えがあると恥ずかしいので送信前に確認する

以上6つがマッチング後のメッセージのやり取りで気を付けるポイントです。

まとめ

【マッチング後デートにこぎつけるまでのメッセージ交換の6つのポイント】

①最初のメッセージはなぜその人を選んだかをしっかり伝える

②返事がしやすいように質問で終わらせる

③メッセージは長くても5行くらいで(長文にならないようにする)

④自分語り(自慢話)はほどほどに

⑤相手のライフスタイルに合わせた時間で連絡をする

⑥誤字、脱字に気を付ける

おまけ:うっかりやりがちなミスについて

婚活サイトでのメッセージのやり取りって複数の人と同時進行の場合が多々あります。
お互い様なのでそれはいいのですが、くれぐれも送り先をまちがえないようにしてください。やり取りしていたら、突然意味不明な内容が送られてきて「??」なんてこともありました(笑)