50代婚活 50代の恋愛 男女それぞれのセックスに対する考え方

50代で知り合い交際スタート・・みんなセックスはどうなのかな?どんな風に考えているのかな?気になりますよね。

男女間の考えの違いなどを書いていきたいと思います。

50代女性の半分はセックスは必要ない、男性の9割は必要と考えています。

このように男性と女性でセックスに対する考え方は大分違います。

交際をしていく上で、セックス対してのお互いの認識が違うことを頭に入れておくことは大事なことです。

50代女性はセックスには消極的な傾向にあります。

 

女性の場合閉経によってホルモンバランス的に性欲が低下していく傾向にあります。

50代女性の場合は殆どの人が閉経しているので、セックスに消極的な人が多いのです。

なので、交際しても手を繋いで歩いたり、抱き合って寝るなどのプラトニックな関係で満足と考えています。

そんな女性が求めているのは性的なつながりではなく、信頼感と安心感から来る精神的なつながりです。

50代男性はセックスには積極的です。

男性の場合は、50代での婚活理由に性生活を上げる人も多く交際したらセックスするのは当たり前と考えている人が多いです。

年齢を重ねてもセックスによって女性を満足させることができるというのが男としての自尊心が満たされるのです。

交際して肉体関係を求めないのは女性に失礼だと考えている人も少なくありません。

女性がセックスに消極的なのはこんな理由もあります

前夫と別れてから長い期間男性とのお付き合いもなく、セックスからずっと遠ざかっているし、年齢を重ねているので、自分の体にも自信がないと思っている人もいます。

10年近く前にNHKで鈴木京香さん、長谷川博己さん主演の「セカンドバージン」というドラマが話題になりました。

このドラマではセックスから長期間遠ざかっている女性をセカンドバージンと称しているのですが、セカンドバージンの女性は決してセックス自体をしたくないと思っているわけではないけれど、自信がなくて中々応じられないのです。

実は50代の女性ではこのセカンドバージン状態の女性が多いのです。

男性もこんな人もいます

男性の場合でも気持ちはセックスに対して積極的でも、年齢から来る機能低下で実際に行為は難しい人もいます。

性生活で現役でいることが男性としての現役と考え、自信をなくし婚活でも消極的になってしまう人もいます。

50代のセックス事情・・色々な考え方の人がいますがいちばん大事なのは

精神的な結びつきです!

若い頃であれば衝動に任せてそういった関係になってしまうこともあったでしょう。

でも50代です、まずは精神的な結びつきを第一に考えましょう。

まだお互いの気持も確認できていないのに、いきなり男性から求められても女性は困惑してしまいます。

男性は交際して、この女性と結ばれたいと思ったらセックスが目的でつきあっているわけではなく、その女性が好きだからそうなりたいと言うことをしっかり伝えてください。

女性も求められたら、すぐに拒絶するのではなく「もうそういう欲求がない・・自信がない」などしっかり理由を男性に伝えましょう。

男性で機能的に自信がない人もそれを女性に伝えて、でもスキンシップはしたいという気持ちも話しましょう。

お互いに気持が通じ合えば、セックスに積極的な男性でも抱き合って寝るだけで満足できることもあるでしょうし、消極的な女性がこの人なら受け入れたいと思うこともあるでしょう。

50代の婚活、恋愛でもセックスは重要です。でもそれ以上に大事なことは精神的な結びつきです。

精神的な結びつきがあれば、セックスはなくても円満な夫婦生活を送れる場合もありますし、精神的な結びつきができた上でのセックスは50代になっていても若い頃と変わらない満足感を得られるかもしれません。

セックスの話、いつすればいい?

ここまで、50代のセックスについて書いてきましたが、実際お互いにそのような話って中々切り出しにくいですよね。

男女ともに一緒に旅行に行きたいと言うのが婚活理由に入っている人は多いので、交際が始まって少し時間が経った頃に温泉旅行に誘ってみてはどうでしょうか?

そして、夜そういう状況になったときにお互いの気持を話すのが自然で話しやすいと思います。

まとめ

50代の女性はセックスには消極的な人が半数います。

50代男性はセックスに積極的な人が90%です。

50代の恋愛、結婚生活においてもセックスは重要ですがいちばん大事なのは精神的結びつきです。

婚活で出会って交際が始まったらお互いのセックスに対する考え方をしっかり伝えましょう。

セックスについての話をしづらい場合は、一緒に温泉旅行などに行ってそういう状況になったときに話すのが自然で話しやすいと思います。