「新型コロナウイルス」50代致死率1.3%!予防と対処法

新型コロナウイルスの感染が広がってましたね。

もう、どこにいても感染の可能性がありそうで恐いです。

感染のリスクを減らす「予防法」と「もしかして、かかってしまったかな?」というときの対処法を調べてみました。

50代の致死率1.3%(77人にひとり)は中国のデータ、日本ではもう少し低くなると思うけれどやっぱり恐いですよね

新型コロナウイルス予防のためにできること

新型コロナウイルスは接触感染と飛沫感染で感染します。

・接触感染 ウイルスに触れた手で’口や目、鼻を触ることで感染

 

・飛沫感染 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫で感染

接触感染の予防

手洗いとアルコール消毒

1.石鹸での手洗いとアルコール消毒です。

2.石鹸で手首、指の間までしっかり洗い、清潔なタオルやハンカチで拭く。(一番望ましいのは、使い捨てのペーパータオルです。)

3.洗ったあとで、アルコールで手を消毒の順番です。

除菌アルコールもどこに行っても売り切れですよね。(最近は除菌シートも売り切れになちゃいました)

私はアルコールの代わりにこちらを使っています。

もともと肌が弱くて手荒れがひどいのでアルコールは滲みて使えないんです。

こちらは、肌にも優しくて気に入っています。

 

飛沫感染の予防

咳エチケット マスク装着

マスクは感染しないようにと言うより、感染している人が人にうつさないのに有効です。

新型コロナウイルスは、無症状感染者が多くいるようなので「もしかしたら自分も感染者かもしれない」という意識を持ってマスク装着をしたいものです。

ただ…今マスク「どこにも売ってない!!」

先日NHKの朝の番組で言っていましたが、ネットなどで紹介されている手作りのガーゼマスクやキッチンペーパーマスクは、災害現場での防塵の効果はあるけれどウイルス対策には効果がないそうです。

マスクの備蓄がそろそろ底をついてきているときは

・本来使い捨てのマスクでも、中にガーゼを入れて使用すれば2~3日使用できるとのことでした。

・どうしてもマスクが無い場合も、咳が出たときはマフラーで口をふさぐか手で口を抑えるなどの最低限の【咳エチケット】は守りましょう。

 

感染が疑われる時の対処法

まずは各地の相談窓口へ

予防はしていたのに「熱が出てしまった!」とか「咳がひどい」というときは、いきなり病院に行くのではなくて各都道府県の相談窓口に電話しましょう。

各都道府県電話相談窓口はこちらの首相官邸HPで確認してください。

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

病院へは相談窓口での指示に従って行きましょう

その後病院に行くようになっても必ずその病院に電話してから行くようにしましょう。

実は私。。先週発熱してしまって(-_-;)慌てて、相談窓口に電話しました。

 

電話が繋がりにくい場合もあるみたいですが、私は割りとすんなりつながりました。(夜中だったからかもしれません)

悪寒と高熱でガクブルしながらの会話なのでうろ覚えな部分もありますが、その時の問診はこんな感じでした。

私「高熱が出たのですが。。」

 

係「いつから何度くらいですか?」

 

私「今さっき、急に悪寒がして、熱を測ったら38.5度ありました」

 

係「咳や痰は出ますか?」

 

私「全く出ていません。」

 

ここで係の方がの声が「あーそうですか」と明るくなった気がしました

 

係「尿の色が濃くなっていませんか?」

 

私「変わりないです」

 

こんな感じのやり取りだったと思います。

 

問診後、今の私の症状は新型コロナの症状にはあたらないとのことでした。

 

このまま様子をみてもいいし、最寄りの病院に行ってもいいけれど行く場合は必ず病院に電話をして指示を仰いでから行ってくださいと言われました。

 

結局、体が弱っている時に病院に行くのはちょっと抵抗があったのでちょうど3連休だったし、自宅で安静にして回復しました。

 

私は札幌に住んでいます。

 

北海道は全国で一番感染者が多く、2/28から公立小中学校は一斉に一週間休みになりました。

そして、非常事態宣言まで出てしまいました。

 

50年以上生きてきてこんなことは初めてなので、正直不安です。

 

私は80代の親と同居しているので、私が感染して親に移してしまうのが恐いので仕事と日常の買い物以外はなるべく外出せずに家で過ごしています。

中国のデータではありますが、80代の致死率は14.8%(7人にひとり)なので、高齢者が感染すると本当に危険ですよね。

 

でも、家にずっといてストレスを貯めるのも免疫力が下がりそうなので、気分転換も必要です。

そんな時の気分転換はこちらの記事で書いていますので覗いてみてください。

まとめ

新型コロナウイルス予防のためにできること

 

1.接触感染の予防

・手洗いとアルコール消毒

 

2.飛沫感染の予防

・マスク装着 咳エチケット

 

感染が疑われる時の対処法

 

電話相談窓口で相談して指示をあおぐ。

各都道府県電話相談窓口

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html