50代婚活【初婚男性】の現実は厳しい だから恋活から始めましょう

政府の統計調査によると、50代で初婚の男性が結婚できる確率は0.7%です。
これって初婚男性にはかなりショックな数字です!
この厳しい現実を乗り越えるための方法を考えてみました。

50代婚活 初婚男性 厳しい現実を乗り越えるために婚活じゃなくて恋活しましょう。

 

なぜ初婚男性の婚活は厳しいの??

50代独身初婚の男性が50代のうちに結婚できるのは1,000人中7人!!
お祭り屋台のくじ並みに低い確率ですよね。

こんなに現実が厳しい理由は…

1.子供がほしい人が多いので、20代~30代の女性との結婚を希望する

同世代の女性だと、もう出産は無理なので若い女性を希望していませんか?
自分の子孫を残したいと言うのは人間の本能だと思うのて致し方ないとは思います。
でも、20~30代の女性からは50代の男性はなかなか結婚対象としては見てもらえません。

今、流行り?のパパ活の相手だと別だと思いますが。

こちらの記事にも書きましたが、50代から子供を育てるのにはかなりの覚悟が必要です。
20~30代の男性にはない高い経済力包容力があり、負けないくらいの体力があるという自信がある人以外は、子供を持つという希望が結婚をどんどん遠ざけてしまうのが現実です。

2.同世代の女性は50代で初婚男性よりも再婚男性を好む

年下の女性は無理かなと諦めて同世代の女性に向き合っても初婚男性は敬遠されてしまう傾向があります。

理由は、50代まで独身ということはよほどの遊び人か逆に全く女性に縁がなかったモテない男性と思われてしまうからです。
初婚男性は結婚に対して甘い夢を見がちですが、再婚男性の場合は結婚や子育てなどの人生経験があるので人間としての幅があると思われます。

なので同世代の女性にも再婚男性の方が安心感があって好まれるようです。

3.高すぎるプライド or 強すぎる劣等感

50代で未婚の男性に多いタイプですが、今まで独身だったのだから「今さら理想を変えられない」「自分も今後変わるつもりはない」というプライドが高いタイプの人。

逆に「どうせ自分なんてもう50代でおじさんだし」「誰にも相手にされないし」等の劣等感が強すぎるタイプの人。

前者は相手から見ると威圧感を感じてしまいますし、後者は頼りなさそうでどちらも結婚相手としては敬遠されてしまいます。

以上、50代の初婚の男性の婚活の現実が厳しい理由を3つ書きました。

では・・・

どうすれば厳しい現実を乗り越えられるかと言うと

【婚活】ではなくて恋活から始めましょう

◎結婚相手を探すのではなく、誰かを好きになって恋愛をしましょう。
◎身の回りの世話や家事をしてくれる相手を探すのではなく、何かしてあげたいと思える相手を探しましょう。
◎相手があなたと同じ気持ちになったら、その先に結婚という未来が見えてきます。

 

婚活パーティー、婚活アプリ、婚活バスツアー、結婚相談所、出会う場所はどこでもいいです。
そこで、結婚相手として女性を探すのではなく純粋にいいな、素敵だな、デートしたいなと思える女性を見つけてください。

簡単です!若いころ恋したときの気持ちを思い出すだけでいいんです(^_-)-☆

 

若いころは恋愛の延長線上が結婚というのが当たり前だったのに、年齢を重ねて50代で婚活を始めると、とにかく結婚・・結婚というのが先に来てしまいがちです。

ここは初心にかえって、相手を好きになることから始めてみましょう。

50代で初婚の男性は、何かをしてほしいから結婚相手を探すのではなく、色々してあげたくなる女性をまずは見つけてください。

相手の女性があなたの気持ちを受け止めてくれたら、その先には当たり前のように結婚が待っていると思います。

まとめ

 

50代で初婚の男性の婚活が厳しいわけは

 

1.子供がほしい人が多いので、20代~30代の女性との結婚を希望する

 

2.同世代の女性は50代で初婚男性よりも再婚男性を好む

 

3.高すぎるプライド or 強すぎる劣等感

 

厳しい現実を乗り越える方法

 

【婚活】ではなく【恋活】から始める

 

◎結婚相手を探すのではなく、誰かを好きになって恋愛をしましょう。

 

◎身の回りの世話や家事をしてくれる相手を探すのではなく、何かしてあげたいと思える相手を探しましょう。

 

◎相手があなたと同じ気持ちになったら、その先に結婚という未来が待っています。